読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中目黒bedzone

引越しを機にブログをはじめようと思う。

セックスはおあずけ。新年1発目 24歳ダンサー子

前回の続き

bedzone.hatenablog.com

 

 

 

白ワインのボトルを入れ、24歳ダンサー子と軽くイチャつく。ゾンビ。

 

ゲッツ!!

 

 

そんなことを思いながら、仕事の話の合間に明日の予定確認

 

「明日は早いのー?」

「17:00からレッスンかな。渋谷で。ゾンビくんは?」

「朝5:00起きです。涙」

 

(17:00なら余裕じゃん!ゲッツ!!)

 

「中目黒とかマジ羨ましいよ。レッスンほぼ渋谷だから。帰るの面倒いとき行っていい?(笑)」

 

「おい。オレの家はホテルじゃねーぞ。」←とりあえずツッコム

(この流れ、自宅余裕じゃん!!ゲッツ!!)

 

 

とはいえまだ白ワインあるしな。もう少し酔ってもらいますか。

ダンサー子、いま何%くらい酔ってる?」

「30%くらいかなー。」

と言いつつ、顔は赤ら顔。楽しそう。(笑)

こりゃ結構あったまってますわ。

 

ゲッツ!!

 

白ワインを飲みながら仕事の話を続行。僕も酔っているのか。少し熱く語ってしましった。(自重せねば。)

でも、これも刺さったようだ。食いつきの雰囲気は変わらない。むしろマジメさアピールになったらしい。

つーか。この子と話していると楽しいな。

波長が合うかも。

 

そこから、話を恋愛にシフトチェンジ。

「ギアをあげるぜ!!」

 

f:id:bedzone:20170115233042p:plain

 

彼氏の話を掘り下げる。

「不満はないの?」

「すごい。優しいんだけど。年上なのに子供っぽいんだよね。飲食で自分の店持つ!とか言ってるんだけど。本気に見えないし。」

 

ほら、悪魔が顔を出した!!

基本的に彼氏の不満を、男と二人きりの場で言うヤツはクロだ。

自分が抱かれた時の言い訳を、予防線として張っているだけにしか見えん。

 

「今日のことは彼氏にはなんて言ってるの?」

「言ってないよ。てへへ。。」

案の定!!

 

ここまでいい調子。会話も弾むし。白ワインもクイクイだ。

「結構、飲めるな。良いね!いま酔い度どのくらい?」

「50%くらいかなー。いい感じだよー☆」

めっちゃ上機嫌(笑)

 

 

ダンサー子って、強めメイクしているけど、Mでしょ!」

「えー。わかる? 多分、Mだと自分でも思う。」

「じゃあSM診断しよーよ。」

 

※この古典的なやつをやりました。

matome.naver.jp

 

ナチュラルにスキンシップもはかれるし、「S」か「M」かもわかる、一石二鳥でいいね。

 

「じゃー。このグーに手を乗っけて。」

「えーなに。」

「つぎは、このグーにあご乗っけて。」

「どっち?ちょっと恥ずかしいよ。」

 

「やっぱりMだな。(笑)」

「そーでしょ。自分で言ったじゃん!」

「一応、念のためね。ダンサー子はM確定!!」

 

話も2人のスキンシップも盛り上がる。酒も進む!

 

「旅行のときの写真みる?」

「見せてみせて。」写真を出しに、密着させていだきます。

(水着エロ!!)

 

「この隣が彼氏だよー。」

「へー。そうなんだ。(別に聞きたくなかったよ。てっか、めちゃいい人そうだなー。)ちょっと申し訳ないわー。」

 

「ねぇ。ダンサー友子との飲み会どうしようか?ゾンビ君?2対2とかで飲もうよ。ダンサー友子に男の免疫つけなきゃ。」

「◯日とかなら友達調整できるかもなー。」

「じゃー◯日で決定ね。」

 

その後のダンサー友子ちゃんが、なんで男できないかを2人で考える。

どうやらマジメ過ぎらしい。エピソードが天然入ってて面白かった。

ダンサーだしカワイイから男寄って来そうなのに。

クラブでもシカト決め込むとか・・・じゃあ、口説けないわ。

 

そんなこんなで白ワインのボトルも空き。

ダンサー子。今、酔度は何%?」

「70%くらいかなー。結構きてる♡、でももう1杯だけ飲みたい!」

「んじゃラスト1杯な。」

二人で最後のグワスワイン1杯を飲む。話題は尽きないから不思議だ。

雰囲気もいい感じ。

 

(そろそろ、お会計して出ますか。時間は???)

 

22:45!!!??

やべー。楽しくなりすぎて、結構な時間じゃん!!

んで、もって俺も軽く酔ってる。

 

お会計をして店の外にでる。

案の定。ダンサー子が

「あの店、居心地よかったね。長居しちゃったー。もう良い時間だ。帰ろう。」ときた。

 

「まだ、飲みたい人でしょ!もう一軒行っても、いいよ。明日早いからウチの近くなら。」←本日の誘い文句。押し弱すぎ!!相手に選択権ゆだね過ぎ。

 

「明日、早い人の迷惑なりたくよー。また、ダンサー友子との飲み会もあるし。また会おう。今日はめちゃ楽しかった。」

 

「そっか。んじゃ帰ろう!」

渋谷の駅でお別れ。

 

このとき僕は酒に酔って冷静な判断ができなかった。まったく粘らなかった。

「準準即でもいいかな。こんだけ雰囲気言いし次もいけるだろ。必殺技②でここから中目黒まで歩かせるのはさすがになー。ダンサー友子いる次の飲み会の日程決まってるし。ダンサー友子ちゃんも即れたらいいな。今日は楽しんだし満足だわー。」そんな風に思っていたのでまったく粘らなかった。

 

渋谷でダンサー子を見送り、自分側の電車に乗った瞬間。なんか冷静になった。

 

タクシー止めて、乗り込んじゃえば確実にいけたヤツじゃん!!

なんで、もう一押しできなっかった!!

 

先人はいった

「この準即は唯一無二の準即だ。次はもう無い。」

 

そう、次回が、今回のようにいい雰囲気になれる保証などどこにもないのだ。

 

 

今回、仕留められないヤツは次回仕留められるのか?

決定力不足。サッカー日本代表とゾンビが抱える。根の深い問題なのである。。。

 

 

 

 

【反省点】

  •  タイムマネジメント→話が会いすぎて、楽しくなってしまった。気付けば微妙な時間。渋谷から歩いての自宅打診は難しい感じに。

 

  • 強引さのなさ。→また行けるだろ。次回のアポも決まった。友達もいけるもかもなど、自分に言い訳をつけて強引に誘わなかった。時間的に

 

  • 最後を彼女にゆだねたのもNG。男らしさに欠ける。

   タクシー乗り込み→自宅。

   2軒目、終電逃しのの作戦も使えたはず。

     セクトラは必須。ここが決定力不足に直結。

 

  • つまるところ、マインドセットが雑。楽しく飲めりゃいいと思ってんじゃねーよ。

 

  • 食いつき良かった。(タイプ落ち?)なら強気に最寄りアポに拘るべき。ダメでもトライはするべきだった。

 

【良かった点】

  •  相手の酔い度をパーセントで聞く。こちらの攻め方を考える上で重要
  •  SM話→スキンシップと下ネタトーク導入で一石二鳥
  •  太ももタッチ
  •  +マジメ話でしっかりとした社会人をアピール

 

広告を非表示にする