読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中目黒bedzone

引越しを機にブログをはじめようと思う。

新年1発目 24歳ダンサー子

完全に仕上がっていたのに。。。

二軒目からでた瞬間、僕の手からこぼれ落ちた。

 

原因は僕のリード不足としか言いようがない。完全に反省。

また、ヤッチマッタヨー。

 

 

1月某日 渋谷 17:30 スクラブル交差点付近

 

合からわず派手な服装しているからすぐわかった。ロングのダウンを着ているがいるが、中身薄着過ぎんだろ!

ただ、ナイス!!

 

「お待たせ!久しぶり。髪色変わったねー。ってか、あけましておめでとう。」

「そーなんだ。暗くしたよー。この前より大人っぽくない?」

「まーぁーあんま変わらん。」←ファーストネグ

「もー。」

 

 

ダンサー子は年下だし、ネグりやすいキャラクターだ。

主導権はがっちりホールド

 

 

ダンサー子とは12月中にアポりたいと思っていたが、1月なった。

12月は僕の仕事が忙しかったからだ。

誘った段階ではスケジュールが合わなかったのだが、チバさんを参考に

予定仮決めルーティンを使用させてもらった。

新宿ナンパ大戦争Ⅱ

 

12月の中旬に仮アポ決めして→自らキャンセル。彼女の興味の持続には繋がったようだ。

 

アポ直前にも彼女から「1月、楽しみ!」「ワイン飲みたいーな」的なLINEが来ていた。ひとまず作戦成功か。

 

今回のテーマは「渋谷でアポり→中目黒の自宅でゲット」という身につければ今後、ゾンビの必殺技となるであろう技を修練するために来た。

f:id:bedzone:20170108213822p:plain

 

 

パターンは2つあるなぁ。と思っていた。

どのタイミングで中目黒に移動するかの違いだ。

 

①渋谷で集合して、一緒に中目黒に移動。歩いても20分くらいだし散歩も可

(中目黒、開拓してて上手いお店あるんだよー。とか理由はなんでもいい)

中目黒ゾンビゾーンで酔わせ→自宅IN

 

②渋谷で飲み。酔いさましがてら軽く散歩しよう。→中目黒に移動。途中の蔦屋書店で軽く和む→中目黒で自宅IN。

(もしくは、仕上がった所でタクシーイン→自宅飲みへ。)

 

なので、17:30という早めの時間集合にした。これなら①の場合で、散歩したとしても18:30にはお店で飲み始められる。

どっちも身につけたい必殺技だしなー。と頭を巡らしていると、

 

「ハッピーアワーだからHUBで1杯やらない?」と彼女から提案が来た。

 

OK!では②で必殺技の習得に挑みます!押忍!!

 

 

f:id:bedzone:20170108214105p:plain

 

 

「ワイン飲みたいーな」というLINEが来た時点で今回は白ワインで攻めるべきだな。と思っていた。

 

白ワインはアポで飲みたい酒No,2!!(ゾンビ調べ)

 

自分の中のアポ店リストを「渋谷 白ワイン」で検索掛ける。どの店も18時から。

良し決めた。HUBは18時までということにして。軽いジャブに使おう。

 

 

1軒目 HUBにin。

 

 

まずは瓶ビールで乾杯。

お互いの年末年始の過ごし方について話す。

 

年越しはクラブで踊っていたらしい。

さすがダンサー。少し前にやっていたという公演の動画も見せてもらう。

 

「衣装。めっちゃエロいじゃん!」

「そーなんだよ。体型維持が大変。」

 

さすがダンサー。体がエロい。

 

 

 

私は彼氏がいるんだけど。。

 私の友達24年間、彼氏がいないんだー。男、慣れしてなくて。

 ゾンビくんなら、ほぐしてくれるかな。と思って、今日は相談しに来た。」

 

 

予想外の所からパンチが飛んできた!

彼氏いるんかい!!オワタ\(^o^)/

 

 

・・・そんなことは思いませんよ。

ちょうど年末にOZZさんのエントリーを見ていたのが良かった。

 

ozz.hatenablog.com

※リンク先のきゃりーさん含め、めちゃ参考になる。

 

その瞬間

「彼氏持ちでアポに来ている女は即れて当たり前。」

その、言葉が頭に響いた。むしろ確率上がったな。(ニヤリ)

 

「そーなんだ。その子の写真見せてよ。」

「いいよ。この子!!」

「(女のカワイイをど信用ならないないからなー。)

おっ!以外とカワイイ。ダンサー友子ちゃん。有りやな。むしろダンサー子よりいいじゃん。」

うーん。両方美味しくいただきたいものです。

 

 

いかん。いかん。今は目の前に集中!!

パルティード・ア・パルティード

 

「18時になったし。ワイン飲み行こう!」

 

2軒目 道玄坂上 ワイン屋

 

「2軒目かんぱーい」上機嫌なダンサー子。

まずはスパークリングワイン。

これがかなり美味しかったらしく。もう1杯おかわり。

少し頬が赤くなる彼女。

 

いい感じのペースだな。

ダンサー子の2016年の仕事事情を聞く。ダンサーも楽しくも大変そうだな。

 

ここで2杯目のスパークリングワインもなくなり、

 

「白ワインボトルで言っちゃおうか?いまから読み上げるからなにがいい?

※ ここでワインメニューの説明文章を意味あげると女の子には結構ウケる。(全然おもしろくないのになー)

 

「わかんなーい。ゾンビ君決めて。」

OK!白ワインカモン!!!

 

そして、再び乾杯

(とりあえずワイン飲みもの来るたびに乾杯します。飲んでもらうために)

 

「結構、鍛えてるんでしょ?」

ダンスで有酸素運動。プラス、ジムとかも行ってるよー。ちょっと足の筋肉が自慢なんだー。」

「いや!おれの方がスゴいと思う!」

と誘導して彼女の足に触る。僕の足にも触ってもらう。

 

嫌がるそぶりなし。食いつき問題なし。軽くイチャイチャ。こりゃ間違いないな。

 

 

その2に続く。

広告を非表示にする