読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中目黒bedzone

引越しを機にブログをはじめようと思う。

新出会い系はじめました「イブイブ」伝説②

関係あるはなし(恋愛関連)

前回のつづきを話そうと思う。

先週、ゾンビは「イブイブ」という出会い系アプリに出会った。

bedzone.hatenablog.com

 

 

 

1週間ほどプレイしてみたので感想を書きたいと思うよ!

 

 

入会すると「50いいね!」もらえるので適当にポチポチしてみた。

前回も書いたが、若い子多いなー。

1日やって2、3件マッチした。まーそんなもんか。

マッチングするとLINEのようにメッセージが送れる。

 

前回、無事入会の審査をクリアしたゾンビ。

もうちょっと頑張ってみようと思い。

写真を良いものにしたり、プロフィールを編集してみたりして悪戦苦闘。

でもその結果か1週間程度で20人超とマッチすることができた。

イエーイ!!

f:id:bedzone:20170325005838p:plain

 

 

 

 

ちなみに写真変更する際、「審査します」的なメッセージが出るが何も審査されることはなかった。笑

 

試しに別人の写真にに変更してみても「審査します」のメッセージが出たのち無事に了承された。

これは、無事に写真詐欺できますね!!

 

マッチした子はほとんど「東京」「神奈川」「埼玉」のどれか。

まぁ渋谷で出会うことをウリにしたアプリだから当たり前かー。

 

 

女性から先に「いいね!」されることはたまにしかないので、こっちからボンボン押していくスタイルでいいと思います。

 

今ならなんと1ヶ月無料!でスタート時に「50いいね!」

そして毎日ログインでボーナス「いいね!」がもらえます。

オレ業者じゃないからね。笑

このログインボーナスで毎日「5いいね!」くらいもらえるのですが、これだけで十分に遊べます。

 

 

 

肝心のメッセージだかゾンビは下記にスクリプトをマッチした全員に送っている!

返信率80%ぐらい。

 

 

 

 

 

 

f:id:bedzone:20170325010102j:plain

最初は普通にまちがって送ったのだが、相手もツッコミやすいかもと放置していたら返信率が良いのでそのままスクリプト化した!

 

 

その後もフツーにやりとり。

LINEとほぼ同じインターフェイスなのでやり取りはしやすい。

 

 

 

 

やはり「いいね!」少ない子の方がメッセージの食いつきがいいような気はする。

なのでゾンビは「いいね!」少なめの子を狙いに変更。

ポチポチ遊んでます。

厳密な「いいね!」順ではないと思うのですが少ない子は、なぜかいっぱいスクロールせねばでない。

なんでこの子が?こんな「いいね!」もらってんだ?って子もいますが。

 

 

 

ちなみに1ヶ月無料なので遊び半分でやってみることをオススメする!

結構メッセージのやりとりはLINE感覚でポンポン決まるので、

「LINEメンテ」の際のテンプレ作りや、反応試しには重宝するツールじゃないかと思い始めた。

 

 

最後にに大事な大事な解約方法。

 

お気をつけください。

運営に尋ねると丁寧な説明をしてくれますが、丁寧すぎて読むのが面倒。

 

 

 

iPhoneの設定、もしくはitunes上から課金を解除します。

ゾンビはPCのitunesで行いました。とても簡単。

参考にしてください↓↓↓

support.apple.com

 

解約後も無料期間内の1ヶ月は遊ぶことができるので、

インストールしたら速攻で解約設定をして遊びましょう!!これなら安心!

 

以上、報告終了!!!

 

 

新出会い系はじめました「イブイブ」伝説①

ゲット備忘録 関係あるはなし(恋愛関連)

僕はいままでネトナン=出会い系には手を出したことはなかった。

有名なところでいうと「pairs」だろうか。

同士の中には楽しんでいるメンバーもいるようだが。

僕はやらなかった。

 

なんでかっていうと。

 

正確には「調子に乗ってる」気がするから。

(真面目にpairsしている人ごめん。)

 

300barなどでも思うことがあるのだが、

一定の隔離された空間内で異様な女子崇拝のインフレが起きてる感じが好きではない。

 

特に「少し」ルックスが良い子。

小・中高校・大学では「少し綺麗な子」ぐらいだったはずが、

「プリンセス」分を味わえる。

 

Pairsでは「いいね」が増加し、300barでは大量に声をかけられる。

 

ある枠組の中では「自己承認欲求」が満たされるから気持ちが良いのはわかる。

 

その枠組みの中でしか評価が得られないんだから、まったく意味ないよ。

調子乗んな。

 

 

そんな調子乗った女に会うことは時間もカネも無駄だからネトナン=出会い系はNGとしていた。

 

しかし、トンパさんの下記のブログを読んで、急激に出会い系がやりたくなった。(笑)

 

www.gontmp.com

トンパさんの毎日ブログ更新って本当にスゴイ!尊敬する。

 

 

すみません。。。。

いままでの口上全部忘れてくれ。(笑)

 

 

そのアプリの名は

f:id:bedzone:20170316012029p:plain

 

 

君の名は・・・・・

 

 

 

 

 

イブイブ(どーん)

f:id:bedzone:20170316011907p:plain

 

 

運営会社もしっかりしているかは別として、会社の素性を明かしているのは好感がもてる!

 

f:id:bedzone:20170316011928p:plain

 

 

 

 

 

 

なんで、ゾンビが興味を持ったかというと

「渋谷で今飲みたい人をマッチングさせてくれるアプリ」だからだ。

渋谷が近いゾンビにはなんとももってこいだ!

 

 

だがこの機能は金曜日限定らしい。

なんだよ!毎日やれよ!むしろ金曜日はアポで忙しいよ。

 

 

 

そんな方でも安心。他の曜日は普通のマッチグアプリとして楽しめるようだ。

1ヶ月無用期間だというので早速、レッツスタート!!

 

 

STEP1 イブイブ会員に承認を得る!

 

イブイブは承認制。

男会員が女性の入会を審査し、女性会員が男性の入会を審査する。

 

入会時点で言えることは、顔写真がとても重要!!

ゾンビも盛りました。笑

 

 

 

 

よかったー!!なんとか65%で無事承認された。

リアルタイムで、承認率何%かがわかるのだが、意外とドキドキして面白かった。

(ちなみに、承認を審査するのも楽しい!!Tinder感覚)

 

 

 

承認されたということでいざパトロール開始。

 

 

 

基本的にマッチングは

「今すぐ」→毎週金曜に渋谷で飲みたい男女をマッチング

「あとで」→pairs的な感じ?プロフをみて「いいね」ボタンをを押しマッチングしたらメッセージ交換がができる。

 

の2通りに分かれる。

金曜は「今すぐ」で誘えるが、それ以外は待ちの姿勢だ。

 

 

この日は月曜日だったので、「金曜日の飲みは当日判断でいいか!」って感じで

「あとで」をプレイ!!

 

 

f:id:bedzone:20170316013058j:plain

 

 

女の画像。

第一印象・・・「若い子多い!!」

 

18~22ぐらいがボリュームゾーンだ。

前テレビ番組でもみたけど、いまの20歳ぐらいっフツーにマチングアプリで付き合ったりするって言ってたし。

スゲーいい世の中になった!笑

 

 

 

可愛い子も結構いるな!まぁ写真じゃ判断つかないが。

ブサイクはあんまりいない、審査制のおかげか???

 

 

スタート時に「いいね」が50回プッシュできるようだったので、適当にバンバン押しまくる。

おれは夜中の2:30に何をやってるんだ。

 

 

 

 

朝起きたらさっそく1人とマッチングしていた。

正直、「意外と早くマッチングした!」と思った。

 

 

 

よくわからないはこのあとはメッセージのやりとりかな?

 

 

f:id:bedzone:20170316013759j:plain

f:id:bedzone:20170316013759j:plain

 

 

メッセージを打つと。

メッセージの送受信には「年齢認証」が必要とのこと。

こんな効きいた面白メッセージなのに「年齢認証」が必要だと。。。

 

 

STEP2「年齢認証」

免許書、学生書、保険証、パスポートの写メを送り年齢認証するらしい。

急に、ここだけ慎重だな。

顔写真部分や生年月日以外の部分は写メを塗りつぶして、隠していいとのこと。

 

いきなりめんどくセーよ。そう思ったが、我慢・我慢。

 

 

イブイブアプリ内で写真をとり、落書きペンで塗りつぶしもできるようにはなってるが、個人情報抜き取られるのは嫌なので。

 

 

別アプリで写真は加工。

これでも無事審査は通った。

 

 

いよいよメッセーじ送信!!

 

 

f:id:bedzone:20170316013341j:plain

 

 

 

 

怒涛のマッチング!!ボリューム2へつづく。

まあ普通に裏技使うよね。笑。

僕は家に誘うのが苦手だ。。

ゲット備忘録

中目黒に引っ越してきて、はや2ヶ月が経つ。

中目黒に引っ越してきた理由

それは・・・

 

家連れ込みがし易いから!!

 

家連れ込みは、必勝中の必勝作戦だ。

かの有名なリーマンナンパマスターさんの常套手段でもある。

 

現在の家ならば

三茶アポ→タクシー→自宅IN

渋谷アポ→タクシー→自宅IN

中目黒アポ→直接自宅IN

 

 

と無数のパターンがありながら、なかなか自宅打診ができずにいた。

こればかりは自分のショボ腕具合を呪います。

 

でもダメアポを繰り替えして行く中で見えてきたこともあった。

というかブログを書き、読み返す中で自分の弱点がわかってきた!!

 

 

  • タイムマネジメント下手すぎ!→いつも飲みすぎて2件目打診するには遅すぎる時間になってしまっている。

    だってーお酒飲むと楽しくなちゃうんだもん。

    お粗末です。

 

  • 誘いのキラーワードを用意できてない。

 家の前に来たら誘おう!とかこの店出た瞬間だ!とか思っている間に

 「あれなんてうのがいいんだ?」と思ってしまう。

 考えている間に好機を逃すのパターンだ。

 

   →慣れてないので言葉がまったく身体化してないんだよね。アイスクリームルーティ       ンとか使おうとしてもなんか不自然だし。

      本当はチバさんみたいにというのが2件目行くふりして直家打診が理想なのだが、         終電逃したとき以外は上手く作用しないので

 

 

これがゾンビの弱点だ!!

(和みは得意だよー。)

 

 

f:id:bedzone:20170310012755p:plain

 

 

 

※ これだけでもブログを書いていてよかったと思うよう本当に振り返りにはオススメだ。

 

 

なので今週あった2アポはこの点を意識して臨んだ!!

 

 

 

1試合目 :キラーワードは

1件目終了後に

ゾンビ「つぎどうしよっか?甘いものすき?」

女「うん」

ゾンビ「デザート食べたくない?」

女「うん」

ゾンビ「アイスはすき?」

女「うん」

ゾンビ「じゃあ家にアイスあるからそれ食べよう!」

 

 

というアイスクリームルーティンとYesセットを利用したオリジナルのキラーワード。

題して

 

アイスクリームキラーワードだ!!

(どーん)

 

あとはタイムマネジメントをしっかりして、このキラーワードをぶっ放すのみ!

復唱、復唱。

 

 

19:30

「お待たせー」1戦目子と駅に集合。

今回のお店は少し遠め。そのためタクシー移動する。

タクシーの車窓から「あっ、ここ俺のマンション」と

秘書子との戦いで学んでいたので自宅の場所はゲッロっておいた。

bedzone.hatenablog.com

 

 

目的の店に到着。

少し、待たされるが、入れるらしい。

 

20:00

着席。さあ、試合開始だ。

おもしろ話と真面目話を繰り出し食いつきは上々!

(だから和みは得意って言ったじゃん!!)

 

ただ、対面席だったので下ネタトークが繰り出せなかったのが不安材料だ。

 

まあいい俺には

アイスクリームキラーワードがある!(キラリーン.

 

22:30店を出る。

本当は21:00~22:00を退店時間に設定していたが盛り上がってしまった。

毎度のことや。笑

 

 

「タクシーで駅までだねー。」とタイミングを計りつつ。

「どーしようか!?」

「アイスとかたべたくない!?」

「うーん。」

「んじゃ、うちにアイスあるからついでに食べておこう。タクシー通り道だし。」

 

だいぶキラーワードはしょっちゃった。(笑)

これじゃイエスセット意味ねーじゃん。

 

「うん」

(よかったー!!)

タクシーIN→自宅IN→ソファSIT→キスにてクロージング

 

勝利!!!!

 

ふぅ。無事にアイスクリームキラーワードがワークしたようだ。

1試合目子が帰りの電車の中から「今日はお邪魔しました。家に入れてくてありがとう!」というLINEを送ってきてくれた。

食いつきがあれば、僕が思っているほど自宅に抵抗はないようだ。

 

 

【思ったこと】

店の外に出た時に「誘ってやる!!という意気込み」、「タイミングを計る空気感」=「迷いの雰囲気」がオーラとして出ていたと思う。これが不自然さのもとだ。

 

もっとナチュラルに。

当たり前に。

次に行くのは当然のことのように。

誘えるはずだ。

 

次は店内打診を心がけたい。

(ダメでも、「もう一軒挟むか!」みたいな分岐もしてみたい)

 

 

 

 

 

2試合目:今回のキラーワードはド直球!

「もう一杯ウチで飲もー!!」だ名付けて、

The シンプルキラーワードだ。

f:id:bedzone:20170310013059p:plain

f:id:bedzone:20170310013059p:plain

 

 

 

グダられたら→「アイスあるし。」からのアイスクリームキラーワードに分岐させる。ことも視野に入れていた。

 

今回の相手はお酒が好き。そこそこ飲むという事前情報は聴取済みなのでこの

The シンプルキラーワードを選択!!

 

某日19:00 今回はゾンビ邸から歩いて1分のお店でのアポ。

これもThe シンプルキラーワードをチョイスした理由だ。

 

 

店の前で2戦目子と落ち合う。

「この店きてみたかったんだよねー。家目の前なんだけど。チャンスなくて。」

「ゾンビくんの家どこなの?」

「あれー!!」

「うぁ、近いねー。」

という事前トークでご多分にもれず家の場所はゲロる。

相手に意識させるくらいがちょうどいい。

 

お店に初来店。いままで来なかったことを後悔するくらい、良い店。

メシ、酒もうまい。何よりカウンター席が確実!!

 

2戦目子との酒も進む。

(やはりこの子飲むなーいい感じ。)

2戦目子の愚痴をきき。恋愛トーク

酒をグビッ!!

 

お互い4杯飲んだだろうか。時計は22:00を回っている。

ヤバいまた、楽しくなり過ぎた。いかんいかん。

2戦目子と酒のペースを合わせ両者の盃がちょうど尽きた。ところで・・

「一旦、はここ締めよう。」

2戦目子は少し物足りない感じを見逃さない。

手際良く、お会計を済ませ。気の利く店主に見送られながら店を出る。

 

帰り道を歩くと見せかけ、ゾンビ邸に歩を進める。

「もう一杯ウチで飲もー!!」さらと当たり前のように決まった。

「うん!いいよ。」

ゾンビ勝利を確信。

 

エレベーターでか軽くスキンシップ。2戦目子の反応も悪くない。

自宅IN→ソファSIT→手際よくワインとつまみを並べ乾杯。

テレビはつけない。

2戦目子が今度行くという旅行の話をしながら距離を詰める。

2戦目子によりかかるゾンビ。反応は悪くない。

 

「アーン」おつまみを2戦目子の口に運ぶ。

自然と近くなる二人の距離。

2戦目子、モグモグ

「もう一回アーン」

2戦目子、モグモグ

じっと見つめるゾンビ

「なに?」と2戦子が言ったか、言わないかの瞬間に

 

 

 

キスクロージング

 

 

 

返してくる2戦目子

ワインを一飲み。体制を変え、今度はディープで絡ませる。

 

2戦目子ももう止まらない。

ベットへ以降。暗闇のかなで

キス!キス!キス!

 

完全に仕上がった!!

下に手をかけたその時。

「だめー!明日早いからもう帰るよ。あと30分で終電だから!!!!」

来た!グダ!!

ここからグダ崩しに入るも強グダ。

イチャイチャは許すが明日、大切な試験があるとのことでSEXは絶対しないとのこと。

 

そこから。1時間以上イチャイチャしまくった。

ドMという2戦目子の性癖をきいて、今度いじめる約束をしてリリース。

 

終電はとっくにないのでタクシーで2戦目子タクシーでご帰宅。

ゲットはできなかったが。今回の最低の目標である自宅打診はクリア。

 

僕はノロマな亀田。一歩一歩進もう。

 

【思ったこと】

事前の「一旦、ここは締めよう。」効いていた。この発言の際に「わたし、帰る!」の意思表明はなかったので2件目は確定。

この前段があったので、The シンプルキラーワードがナチュラルに発せられた。

1戦目子のときのような。「迷いの雰囲気」は出ていない。

 

 

「アーン」からのキスは楽。このルーティン使えるな。

「いいなと思ってなかったら2人で合わないよ」という2戦目子のワードはこ心に響く。

 

 

 

アポの時点で、「今日、ゲットできるのか?」ではなく。「今日、どうやってゲットするのか?」を考えるべし!!

ダンサー子 リベンジマッチ

よっしゃ!!!

渋谷IN。今日はダンサー子とダンサー友人子と飲み会だ!

男性陣はゾンビと後輩1←ゾンビとはまったく違うタイプ。

 

 

ダンサー友人子が男に対して免疫がなさ過ぎとうことで、後輩1も交え、飲み会で「男」に慣れてもらおうというものだ。

そもそもなんだこの趣旨。笑

 

 

しかし、ゾンビ的な今回のテーマは前回ゲットしそこなった、ダンサー子を回収することだ。ゾンビの作戦はこちら!

 

 

~~~~~~~~~~~~~

19:30 お店IN

4人で和む(主導権握っているダンサー子を軽くネグる)

20:30 2人和む。2ペアの構図を作る。

   (そのために隣に座りボディタッチ仕掛けたい。)

21:30 2件目のタイミングでセパ

      (ダンサー友人子におれの友達が気に入っているといえばOK?)

2件目突入

自宅へタクシー移動

(2件目突入が遅くなった場合は、2件目終電逃し作戦へ)

ゲット!(happy)

 

~~~~~~~~~~~~~

頑張るぞ!!

 

 

19:30に渋谷駅に到着すると、ちょうどダンサー子が。

「よっ!」と挨拶してきた。

偶然!びっくりした!!

 

一緒に店に向かって歩みを進める。ダンサー友人子は遅れるらしい。

後輩1からは「まだ仕事終わりません!」とLINEがくる。

思わぬ形でツーショットになる。

 

 

良い感じのイタ飯屋へ。

一杯目はお互いビールで乾杯。2月にしてはこの日は暖かかったので、すぐに飲み干す。2杯目のスパークリングワインに移行。

 

つーか。なんてエロい格好してるんだ。コイツ。

真冬だっていうのに、ダウンコートを脱いだ下はシースルーのセクシーな長袖一枚だ。スケスケすぎない?

(のちほど分かるがもともとダンスの衣装だったらしい。)

 

 

この子とは前回に雰囲気は出来上がってるのですぐ和む。

正直、和みフェーズは不要だ。

いかにして、セパり性欲フェーズに持ってくか。

 

 

考えているうちにダンサー友人子登場!

この子もダンサーなのだが見た目は、いわゆる大学生といった感じで普通だ。

ダンサーにも色々なタイプがいるんだなー。

 

 

ダンサー友人は天然。話が受けた。あと男慣れしていないのが可愛かった。笑。目を合わせると背けるし。

 

 

ダンサー友人子をいじる

爆笑

友人子いじる

爆笑

後輩到着

みなで友人子いじる

酒飲む。

 

楽しい時間を過ごした。

 

 

 

じゃーそろそろ23時だからシメよっかー。

 

 

ええ!もうそんな時間!??

ふぁ!!!またやってしまった!

 

f:id:bedzone:20170301185725p:plain

 

 

思ってたのとちゃうー。

 

 

おい!今日の趣旨を思い出せ!!

そこから、電車方向が同じだという理由をつけてダンサー友人子&後輩をセパレート。

 

 

ふぅ。やっとスタートラインに立った。

「ダンサー子、あと1杯飲まない?」終電逃し作戦へシフトチェンジ

「いいよ!30分だけね。」

 

立ち飲み屋にIN。平日なのにすげー盛り上がり。

 

2人に戻ったので和みフェーズへ。

会話が弾む!楽しでしまう。

和みはするが性欲フェーズといった感じではないな。

 

「ゾンビくんごめんもう終電だー。」

「えー。」

 

結局、粘れずここでタイムアップ。

終電グダ強かった。けどもっと粘ってもよかった。「ウチ近いし」と冗談混じりにアプローチするべきだった。

 

【反省点】

 

・いつも通りタイムマネジメント不足。だって、俺飲み会好きなんだもん。

 

2軒目に関しては、ここで恋愛話にして雰囲気を作り上げるべきだった。

 その方が誘いやすい。性欲フェーズへの移行

 

・終電グダが強いので今度は早めの時間から仕切り直すことにします。

 やはりキーはタイムマネジメントになりそうだ。

To think Two appointment

関係あるはなし(恋愛関連)

先週、1週間は仕事が忙しくてアポ入れることができなかった。弱った。

だが今週は2件ほどいけそうな案件。どう攻めるかなー。

 

Thinking time start

 

f:id:bedzone:20170222102957p:plain

 

 

 

 

 

一つ目

24歳ダンサー子。新年1発目にゲットできなかった、彼女主催の飲み会だ。

2vs2でお互いに友達を紹介し合うことになっている。

 

正直、前回9割仕上がっていたとみているので、どうにかしてゲットしたい案件だ。

bedzone.hatenablog.com

 

流れをイメージ×イメージ

 

 

f:id:bedzone:20170222102948p:plain

 

 

19:30 お店IN

4人で和む(主導権握っているダンサー子を軽くネグる)

20:30 2人和む。2ペアの構図を作る。

   (そのために隣に座りボディタッチ仕掛けたい。)

21:30 2件目のタイミングでセパ

      (ダンサー友人子におれの友達が気に入っているといえばOK?)

2件目突入

自宅へタクシー移動

(2件目突入が遅くなった場合は、2件目終電逃し作戦へ)

ゲットを想定して動こう。

ポイントは終電グダを切り返せるか?になりそう。

(事前に明日の予定探っておこう)

 

 

 

 

2つ目

女友達から「紹介したい人がいる!」と言われて会うことになった。

同い年の女性。紹介子。

 

女友達曰く、「ゾンビと趣味が合うと思う!」ということ。

どうなんだろ?あまり可愛い子が来るとは思えん。(笑)

 

この女友達は俺がクソだって知ってるんだけどな。同年代よこすとは。。。

深いこと聞いても仕様が無いので、ありがたくいただきたいです。

 

 

20:00 自宅付近の飲食店呼び出し

和み

真面目⇨ふざける(ネグ)⇨エロ⇨真面目

自己開示/趣味話/休日話(次の日の予定割り出し)/仕事話/恋愛話/前彼話/スキンシップ(SM診断)/褒め&ネグ/真面目

※どこかでコールドリーディング

22:00~23:00 アイスクリームルーティン

自宅IN

ゲット

 

を狙う。店予約しなくちゃ。(笑)

リア友人(女)を誘ったときくらいのナチュラルさを意識したい。

bedzone.hatenablog.com

 

 

 

2ゲット目指しアクセル全開!!

 

 

 

 

広告を非表示にする

ブサカワやねん!

ゲット備忘録

僕の好きなタイプ。犬で言うとこんな感じだ。

 

f:id:bedzone:20170216024001p:plain

 

 

すーっと通った鼻筋と、凛とした瞳。髪もよく手入れされていて美しい。

スト値8.5美人だ!

 

 

別アングルからだと、

 

f:id:bedzone:20170216024041p:plain

 

凛とした瞳はときに、クリクリの瞳に色を変え、男の脳と性欲に訴えかけてくる。

リラックスしたときの表情もたまらない。

こんなのがタイプ。

 

 

 

 

 

でも、今回のアポの相手はこんな感じ。

 

f:id:bedzone:20170216024111p:plain

 

 

ブサカワだ。(笑)

 

 

 

 

 

 

2月某日、渋谷。

先日の合コンで会った子とのアポだ。

めちゃ寒い。

 

 

18:30集合だったが、30分も早めに着いてしまった。

服でも見ながら渋谷をうろつく。

そーだ。香水切らしてたんだ。ついでに買おう。

 

109近くのみずほ銀行内にナンパ師らしき集団がいた。

あそこ暖かいからね。(笑)ガンバ!

 

同士にエールを送りつつ、街をぶらつく。

予定時刻も近づいて、携帯をみると今日のアポ相手から15分も前にLINEが入っていた。

 

「どこ行けばいいですかー?」

 

最近、年上相手のアポが多かったので年下は久しぶりな感じ。

スレてる女はなんで10分くらい平気で遅刻してくるかね。

この時点で、ゾンビの好感度は上がる!

良い子やね!

 

 

無事合流。

 

「ゾンビさん、あれ?手ぶらですか?今日仕事はお休みだったんですか?」

「今日、代休だったんだー。」

 

年下だからか、警戒しているのか?敬語でのご挨拶。

本日の相手、ブサカワ子

 

f:id:bedzone:20170216024405p:plain

 

 

 

駅前から予約していた店までの道中に軽く情報収集。

 

仕事場は渋谷から電車で15分くらい。

家は埼玉の奥。終電早め。

渋谷で遊ぶことは少ない。

仕事は一般職で18時には解放される。

いたって普通の24歳女子だね。

 

ただ、いかんせん終電が早い。今日中にゲットできるか微妙な感じ。

ゾンビも明日は早朝から仕事だ。ムリはしたくない。

 

①和み→2軒目誘導から→中目黒ゾンビ邸IN

②今日は和みに時間をさき、次回アポでゲット

2ルートを保ちながら攻めることにしよう。

 

 

 

~~~~~今日のメニュー。~~~~~~~~

1軒目での所要時間は2時間30分に設定。

★まずは、関係構築フェーズ

自己開示

仕事話

コーチン

 

 

つづいて、

恋愛話にシフトチェンジ

「じぁ恋愛で悩みないの?」から過去恋愛話

SM診断

キノ

仕上がり具合と残り時間でセクトラ判断。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

OK!!

自分の頭が整理できてきたころで、店到着!!

 

カジュアルな感じのイタリアン?スペインバル?にINする。

 

この店はゾンビが渋谷アポの際に真っ先に予約をする店である。

メシも酒も美味く、CPも最高!さらに雰囲気もキメ過ぎなくて良い。

キッチンをコの字に囲むカウンターが広がっていて、2人で行けば100%カウンターに座れる。

 

まさにファーストデートに再適の店!!

いい店♪♪いつも来ちゃう。

 

しかし、店に入った瞬間に違和感。

視線を感じる。

 

顔を向けるとギャルコックが明らかにこっちをガン飛ばしている。

(ここはイケメン店長とギャルコックがキッチン仕切ってるんだよなー。不思議な店だ)

 

 

 

※ギャルコックイメージ。似ている。

f:id:bedzone:20170216024755p:plain

 

 

 

俺、何かしたかなー???

思い当たる節はない。。。。いや。あった。

 

この店に女の子連れて来過ぎだわ。

 

しかも、同じ女の子と来たことないわ(笑)

ファーストデートに最適過ぎて、多用しすぎた。

 

 

 

 

(お前いつも違う女連れてきやがってー。)心の声が読める。。。

 

f:id:bedzone:20170216024823p:plain

 

でも睨んでるのも、カワイイ(笑)

このギャルいつか口説きたいな。

 

 

おっと、今回の相手はあの娘じゃない。

 

 

 

 

まずはビールで乾杯。美味いね。

 

「すごいお腹へりました。いっぱい食べたていいですか?」

「そんなこといって、女の子って全然食わないじゃん!!」

「わたしは食べますよー。」

「絶対、残すなよ!笑」

 

年下だとネグり易い。

 

まずは予定通り自己開示&仕事話をする。

 

「ゾンビさんの仕事は忙しいの?結構不規則そうですよね?」

「忙しいけど、好きなことやってるから楽しいよ。」

「そんなこと言ってみたいー。かっこいいな。」

食いつき上がる。スタートはまずまずだ。

 

 

 

そこから、悩み相談でのコーチングで関係強化を狙う。

【参照】

ameblo.jp

 

 

「ブサカワ子も仕事大変でしょ?」

「仕事はデスクワークなんだけどPCいじってるとお腹が減って、ついついお菓子食べちゃうんだよね。ポッキーとか。それが悩み」

 

「なんだよその悩み!我慢しろ!!」

コーチングしたかったのに、ついツッコンでしまった。

 

 

「えへへ。」笑顔のブサカワ子。

 

f:id:bedzone:20170216025109p:plain

この娘、ボケとツッコミのタイミングがいいな。

スゴい話しやすい。

 

 

お酒もお互い2杯、3杯と進んでく。

 

 

「店もおしゃれだし。料理も美味しいね!!いい店じゃん!!」

敬語もとれた。警戒心は0どんどん近づく。

 

 

お酒を飲みながら、さらに和む。

 

 

「ちょっとブサカワ子変顔してみてよー。」

「えーーーー。」(といいつつも、すぐやる。)

笑。変顔のノリもいい。

「ゾンビ君も見せてよー。全然、出来てないよー。」

笑。

 

 

「ゾンビ君ウケるんだけどー。」

 

 

「ここのピザめっちゃ美味しい。」

 

 

「聞き上手だよね。話すぎちゃう!」

 

 

「お腹いっぱい~~美味しかった。お腹出ちゃう。」

「ブサカワ子、痩せてるから、全然わからんわ。」

ナチュラルにお腹を触るゾンビ。

ゾンビの腹を触り返してくるブサカワ子

(一応、力を入れて腹筋をPRしておこう。)

 

笑い合う2人。ボディタッチクリア

 

 

 

途中からなんとなく気付いていたが・・・・

 

 

こいつ!!リアクションがめちゃくちゃカワイイ!!!

 

f:id:bedzone:20170216025222p:plain

 

 

 

顔の作り自体は所謂、美人ってわけではないが。

こういうのを気だてが良い。と言うのだろう。

 

俺はもう普通にカワイイって思っている。

ブサカワでも接していくうちに愛おしくなっていくから、つくづく不思議なもんである。

男も一緒なんだろーな。

 

 

 

おっと、3時間経つではないか。

そろろそか。お会計かなー。

なんてブサカワ子がトイレに立っている間に考えていると、

 

 

カウンター越しのイケメン店長から一言

 

 

「いつもありがとうございます!」ニヤリ

 

ニヤリじゃねーよ。

(女の子がいない隙をついてくれてありがとう。ぜってーまた来るよ。)

 

 

1軒目退店

 

「ブサカワ子1杯だけ飲んでいこうかー。」

「うん!」

 

 

2軒目

隣り合わせの薄暗いバー。

 

「なんかお洒落なお店だね。」

相変わらず、わかってるリアクション。

いいね。

 

うーん。ブサカワ子終電近そうだな。

逃さしてゾンビ邸という案も頭をよぎったが、ここは確率の高そうな次回ゲットで攻めることにする。

 

次回のために、1軒目で行きたいといっていた店へのアポを提案

「今度、ブサカワ子が食べたいって言ってたところ、行こーぜ」

「うん!行く!!◯◯日ね。」

 

あっさり受諾。

1杯だけ飲んで、さらに和んで。この日はお別れしました。

 

 

 

 

彼女はブサカワだけど。一緒にいる時間が経つほどにカワイイが増していった。

彼女は“モテる“とは何か分かっているだろう。(無自覚かもしれないが。)

 

 

やはり、アポは何が起るかわからない。だから2人で会うことには絶対的に意味がある。アポは前戯ということを再認識した。

自分もルックス以外の部分で相手を魅了できる人間になりたい。

 

 

◆ 反省点

・タイムコントロール→△

・ コールドリーディング→△(仕掛けたがあまり響かず?)

・ 2軒目への誘い(MAXに盛り上がっているところで。)→◯

・ キノ→◯

・ 下ネタ話→×

・ 恋愛観引きだし→×

次回アポでは恋愛&SEX話多めでいこー

 

 

・仕上がりが良かったので、そのままホテルINもいけたかも。

 ただ性的ステップ向上のため、もう少し早めに2軒目INし誘惑することが必要か。

 

◆良かったこと。

・年下は相手の変なプライドを気にせずネグれる。

 先輩キャラで後輩を扱うように攻められるのもメリットを感じた。

 

 

 

f:id:bedzone:20170216025803p:plain

ブサカワいいね!!

 

 

 

 

広告を非表示にする

ガールフレンンド(増加)

2月1週間の話。

 

0ゲットだった1月がなんだかんだで終わってしまった。

ショボ過ぎる。

 

そして幕を空けた2月!

 

2月の木曜日

かなり大衆的な店でじゃない子と再会。

bedzone.hatenablog.com

 

 

お互いの近況報告をネタに酒をグイッといく。

俺は酒が飲める女は好きだ!

相変わらず美人だけどタイプじゃないなー。

 

 

 

ゾンビ:「最近どうっすか? 恋愛的な意味で??」

↑この聞き方はドラマ版モテキ第1話の野波麻帆をイメージしているぞ。

 

 

f:id:bedzone:20170208232820p:plain

 

 

じゃない子「私、結婚したんだー。」

 

ふぁっ!!!!

 

 

 

 

なんじゃそりゃ。

でもまぁーそうか。彼女の年齢的に、いつ結婚してもおかしくないよな。

 

 

 

逆に吹っ切れたわー。よしアポの練習台として使おう!!

 

結果。

・タイムコントロール→×

・ コールドリーディング→×

・恋愛観引きだし→◯

・ 2軒目への誘い(MAXに盛り上がっているところで。)→×

・ キノ(ダンサー子に好評だったSM診断?)→×

・ 下ネタ話→◯

 

下ネタ話と恋愛観引き出しはガッツりできた。てかほぼ下ネタと男女観の話ししかしてない。

 

安くていい店だったけど、エロい雰囲気を作るなら2軒目に移すべきだったな。

あの雰囲気の店でキノは辛かった。

 

 

 

 

 

 

2月金曜日

友達に誘われて合コンだった。3vs3

相手は年下だった。最近年上が多かったので久しぶりー。

 

 

今回の主役は幹事の男だ。

なので、お呼ばれの俺は「控えめにしよー。」

そう思っていたのだが、途中ふざけすぎた。

隣に座っていた一番ピュアっぽかった22才の女の子に若干ひかれた気が。笑

 

 

1人はアポ確定。ふざけすぎたので、アポでまじめな面も見せてギャップ出そ。

 

 

 

2月土曜日

ジムに行ったあと無性に焼肉が食べたくなった。

あー焼肉食べたい。焼肉食べたい。

よし!せっかくだから焼き抜くネタにアポろー。

 

「今日、奇跡的にヒマじゃない?無性に焼肉食べたいんだけど。一緒にどう?」

何案件に送るが、うーんん。反応悪し。

 

続けて打診を

安定の既セクに送ろうかなー?

いや、昨日の合コンした女の子に送ろーかな?

と思っていると。

 

「OK!」のスタンプが

 

 

大学時代のリア友(女)だった。

 

 

お互いの家も近いので、近所で食べることに。

うーん、美味!!

気を使う間柄でもないので好き勝手話す。

んでもって恋愛トーク。

 

リア友(女)は昨日、高校時代の友達に会ったとか。

リア友(女)は既婚者だが、高校時代の友達は結婚市場において迷走中らしい。

 

友達3人のうち、2人は処女。

 

もう一人は高校時代には美人と言われてチヤホヤされていたらしいけど、現在はその輝きは失われたらしい。

そんな彼女は、街コンで出会った年下彼氏(交際2ヶ月くらい)の家から女の髪が出てきたて、ショック状態。

彼氏は「母親のだ!」と主張したらしいが。

 

 

そんな訳あるかい!

 

うーん話を聴く限り、残念だ。

 

写真みたけど、みんなそこそこカワイイのに。

なんでそーなったんだか。

 

 

経験のなさ→自身の無さ→機会損失の悪循環

経験のなさ→自分の中のみで醸成された変な恋愛観

でがんじがらめになってる気がする。

 

大層な理想を抱き過ぎ。

クラーク博士かよ!!

 

「色恋って楽しいけど、同時に深く考え過ぎるほど大したモノでない」って感じればいいのに。

まだ今の年齢だったら相手されると思うから。

 

「とりあえず、好きでもないけど男と遊んで、奢ってもらったり、成り行きでセックスとかすればいいのに。」と言うと

 

「この年になると付き合うにはセックスしなきゃいけないのかー。」

リア友(女)が言ったのが本日のパンチラインでした。

 

 

焼肉で腹をみたし。2軒目への流れに。

 

2軒目に移動する際、「とりあえずウチの近くの飲み屋を覗いてみる?」

飲み屋の前に、到着。

ウチは目の前だからたばこ取ってくるね。一緒について来て。

とりあえず初めてだしウチの中見てく?

アイスあるけど食べる?

寒いし、もう、ウチで飲もうか?

ソファーでくつろぐ。

 

 

 

アレ!?これ俺がいつも意識しすげて変な感じになる、「お持ち帰りルーティンじゃん!!!」

 

 

こっ!この感じか。

 

 

 

f:id:bedzone:20170208233609p:plain

 

自分でもすげーナチュラルだったと思う。

帰る隙を与えない。かつ断られても「冗談だよ!(笑)」と言える範囲の逃げ道を持った誘い。

 

 

いつも、アポだとあんなに失敗するのに、リア友(女)ならできるのか。

 

そもそも気合い入れ過ぎなんだな。

 

あっ!これくらいナチュラルに家に誘えばいいんだー。と自分でも思った。。

「当たり前のように、当たり前に誘う」それが出来ればいいんだ。

 

スゴい良い気づきだ。

 

 

 

PS、その男は100%浮気している

しかも「母親のだ!」と主張した後に「友人子が本当に心配なら、一緒に住む?」と言ってきたそうだ。

そこまで言われた、友人子は“信じる”という回答を選択したそうだ。

タイミングじゃないからと同棲は断った。とか

 

こいつ、初犯じゃねーな。

 

事前準備していた回答にしか思えねー。都合よすぎ。

「同棲する」っていったら、理由こねくりまわされて、延期させられるのが目に見えている。

 

即、切るべき!!

 

 

 

 

 

 

その後、焼肉アポのリターンもあったりして、思ったことがあった。

 

「女友達が増えているような気がする。」

 

 

そー言えばレジェンドのモリマンディさんも

「モテたかったら、女友達増やせ!」って言ってたな。

 

アポは未だに失敗続きだが

実はすり足で前進してるのかも。笑